お知らせお知らせ


2023/01/16

検診控えていませんか



新型コロナウイルス感染症の流行で、がん検診の受診や治療を控え、悪影響が出ている恐れがあるとして、厚生労働省が新年度から、がん患者の健康に対する中長期的な影響の実態調査を始める、との報道が年明け早々にありました。

厚労省によると、20年度のがん集団検診の受診者数は、新型コロナ禍前の3年間平均と比べて、五つの部位で2~3割減少したそうです。また胃がんや大腸がんなどの外科の治療数も減っているとのことです。

当院では、胃や大腸の内視鏡検査を行っております。これまで定期的に検診を受けていたのに、現在控えている方は要注意。がんなど病状の早期発見、早期治療のため、ぜひ検診を受けましょう。