お知らせお知らせ


2023/01/07

内視鏡設備の特長



今回は2022年に導入した内視鏡設備の特長ご紹介いたします。

当院の設備はオリンパス社製の「EVIS X1」シリーズ。TXI・RDI・EDOFといった技術により、病変を見つけるためのスクリーニングから診断、処置までそれぞれのステップにおいて、内視鏡診療の質を向上させています。

最新のテクノロジーも活かした、より精密な検査を実施していきますので、ぜひこの機会に検査を受けませんか。問い合わせは菅沼病院電話0265-22-0532)へ。

 

TXI:「Texture and Color Enhancement Imaging」の略。粘膜表面の「構造」「色調」「明るさ」を最適化、病変をより見つけやすくするための画像処理技術です。

RDI:「Red Dichromatic Imaging」の頭文字になります。粘膜などの深い部分にある血管や出血部分を見やすくし、内視鏡治療時に出血を起こすリスクを下げることや治療時間の短縮を目指した画像強調観察技術です。

EDOF:「Extended Depth of Field」。近い距離と遠い距離のそれぞれに焦点が合った2つの画像を同時に取り出して合成することで,リアルタイムに焦点範囲の広い内視鏡画像を得るための技術です。

このほかにも、世界で増加する大腸がんをはじめとする消化器疾患に対し、より高精度な発見・診断・治療を支援する各種技術が搭載されています。